72 Spirits of Solomon The King

18-Winged Dragon

翼ある竜 - Winged Dragon, The Wallowing One

翼ある竜 - Winged Dragon, 『ソロモンの契約』において、ソロモン王の求めに応じて、契約の指輪によって連れてこられた魔神。翼のあるドラゴンの姿で、竜の手(前肢)と胴、人間の顔と足を持つ。ソロモンの問いに答えて、自身が特定の特徴を持つ美しい女性だけを襲う霊であり、また彼女らとソドミー(鶏姦)を行うと明かした。

ソロモン王との対話では、神殿建立にあたって、そこにある木材がまわりを焼き尽くす火種となるであろうと申し立てた。また、自らの口から吐き出した炎で周囲にあった木材を焼き尽くしたため、ソロモン王によって、神殿建立のため大理石を切り出す役を命じられた。

♦ Description in English ♦

"Winged Dragon" - "Winged Dragon" is known as a male demon who is mensioned in " The testament of Solomon". He appears in the form of a wallowing dragon, having the limbs of a dragon and wings on its back, but the face and feet of a man. "Winged Dragon" copulates with a few women who have beautiful bodies, and he copulates with them through their buttocks. Solomon commands him to to cut marble for the Temple.

QR code

TWEET SHARE B! HATENA GOOGLE+ P PIXIV B BOOTH


火星交換士Indexへ