72 Spirits of Solomon The King

03-Onoskelis

騾馬の足をもつもの - Onoskelis, The She-Satyr

オノケリス - Onoskelis, 『ソロモンの契約』において、ソロモン王の求めに応じて、契約の指輪によって連れてこられた魔神。非常に美しい女の姿をしているが、そもそも名前の意味自体が「騾馬の足を持つもの」の意であるように、足は騾馬のそれである。外見的にはギリシャ神話に現れる半神半人のサティロスのそれが一番近い。ただし女性のサティロスである。

普段は洞窟に住んでいるといい、己を「エコーの子」こだまから生まれた存在であると申し立てた。しばしば人間、特に彼女を崇める蜂蜜色の肌をした男達の愛人となるが、同時に縄によって男の首を絞めて殺すという悪癖を持つと明かした。そのため、ソロモンの神殿を建築する際に申し渡された労働は(縄を編むための)麻を縒る事だったという。

♦ Description in English ♦

Onoskelis - Onoskelis is known as a female demon who is mensioned in " The testament of Solomon". She is a female satyr. Her name means "she with the mule's legs". She appears in the forms of a beautiful woman with a mule's leg. Sometimes Onoskelis strangle men. Also She associate with men, especially with whose skin is honey-colored. Solomon commands her to spin hemp to construct the ropes used for the Temple.

QR code

TWEET SHARE B! HATENA GOOGLE+ P PIXIV B BOOTH


火星交換士Indexへ