72 Spirits of Solomon The King

Lesser demon : Ukobach

地獄の鎌炊き - Ukobach, The boiler in the Hell

ウコバク - Ukobach, *コラン・ド・プランシー著『地獄の辞典』に登場する悪魔の名前である。 ベールゼブブの配下にある下級悪魔で、地獄で鎌炊きとして働いている。 『地獄の辞典』の解説によれば、「大きな瞳と耳、地獄の釜の炎で赤やけした体、もしくは灼熱して現れる」とされる。 ベルゼブブの命により、地獄の釜の炎が絶えないように、油を注ぎ続ける役目を受け持つ。 また、花火と揚げ物を発明したという。


*コラン・ド・プランシーと『地獄の辞典』 - コラン・ド・プランシー J. Collin de Plancy は、19世紀に活躍したフランスの文筆家で、『地獄の辞典』 Dictionnaire Infernal の著者。 『地獄の辞典』は、学術的資料としては価値が低いが、ユニークな挿絵も相まって、通俗的な悪魔のイメージを後世に広く伝えることになった。



♦ Description in English ♦

Ukobach - Appears in de Plancy's 1818 Dictionnaire Infernal. Ukobach or Urobach is described as a demon of an inferior order. He is shown with a flaming or red body, large eyes and ears and often a pan full of coals or hot poker. He is said to be the inventor of Fireworks and the art of Frying Foods. He is charged, by Belzebuth, to maintain the "oil in the infernal boilers" which is made of the blood of the damned, "forged in the west where the sun sets."

QR code

TWEET SHARE B! HATENA GOOGLE+ P PIXIV B BOOTH


火星交換士Indexへ