このエントリーをはてなブックマークに追加 Twitter Twitter

アルファポリス
72 Spirits of Solomon The King

Lesser demon : Ukobach

地獄の鎌炊き - Ukobach, The boiler in the Hell

ウコバク - Ukobach, *コラン・ド・プランシー著『地獄の辞典』に登場する悪魔の名前である。 ベールゼブブの配下にある下級悪魔で、地獄で鎌炊きとして働いている。 『地獄の辞典』の解説によれば、「大きな瞳と耳、地獄の釜の炎で赤やけした体、もしくは灼熱して現れる」とされる。 ベルゼブブの命により、地獄の釜の炎が絶えないように、油を注ぎ続ける役目を受け持つ。 また、花火と揚げ物を発明したという。


*コラン・ド・プランシーと『地獄の辞典』 - コラン・ド・プランシー J. Collin de Plancy は、19世紀に活躍したフランスの文筆家で、『地獄の辞典』 Dictionnaire Infernal の著者。 『地獄の辞典』は、学術的資料としては価値が低いが、ユニークな挿絵も相まって、通俗的な悪魔のイメージを後世に広く伝えることになった。



♦ Description in English ♦