このエントリーをはてなブックマークに追加 Twitter Twitter

アルファポリス
72 Spirits of Solomon The King

Sloth : Belphegor

Seven Cerdinal Sins : Sloth

七つの大罪 : 怠惰

ベルフェゴール - Belphegor, Baal Peor, *バアル・ペオルとも。七つの大罪においては怠惰を司る。司るのは好色とされる場合もある。

ベルフェゴールは発見と創意発明のデーモンであり、モアブでバアル・ペオルとして崇められた神といわれる。富をもたらし、女性の心にふしだらな心を芽生えさせる力を持つという。これはバアル・ペオルを崇める娘たちが、色仕掛けでイスラエルの民を誘惑したという旧約聖書での解釈に基づくといわれる。バアル・ペオルとは「ペオル山の主」という意味である。かなりの信仰を受けていたに相違なく、つまるところユダヤの人々の奉じる神の強力なライバルでもあり、それがゆえに後に悪魔とされたのである。

コラン・ド・プランシーの著作における「車輪の付いた椅子もとい便座に座る」姿があまりにも有名だが、一方で知的で美しい黒髪を持つ美女としての姿が知られている。


* 民数記におけるバアル・ペオルに関する記述 -
25:1 イスラエルはシッテムにとどまっていたが、民はモアブの娘たちと、みだらな事をし始めた。
25:2 その娘たちが神々に犠牲をささげる時に民を招くと、民は一緒にそれを食べ、娘たちの神々を拝んだ。
25:3 イスラエルはこうしてペオルのバアルにつきしたがったので、主はイスラエルにむかって怒りを発せられた。
25:4 主はモーセに言われた、「民の首領をことごとく捕え、日のあるうちにその人々を主の前で処刑しなさい。そうすれば主の怒りはイスラエルを離れるであろう」。
25:5 モーセはイスラエルのさばきびとたちにむかって言った、「あなたがたはおのおの、配下の者どもでペオルのバアルにつきしたがったものを殺しなさい」。(旧約聖書・民数記・第25章1〜5節)



♦ Description in English ♦