このエントリーをはてなブックマークに追加 Twitter Twitter

アルファポリス
  1. ソロモンの72柱トップ
  2. ソロモンの72柱
72 Spirits of Solomon The King

57-Ose

総てを幻惑するもの - Ose, The Illusionist of His Own

オセ - Ose, Ose, Oze, Oso, Voso, ソロモン72柱の魔神の1柱にして、3ないし30の悪霊軍団を従える地獄の長官である。神学に長じ、秘密とされるものの真実を教えることが出来る。また召喚者の敵を狂気に追い込む。オセは獰猛な戦士である。召喚されると威厳のある豹の姿で現れるが、暫くすると驢馬に乗った人の姿になるという。善と豊潤、安楽、豊富を司る。
オセは召喚者を本人が望むとおりの姿に変える力があるという。一方で、オセに姿を変えられたものは自分の姿が変わっていることにも気付かず、むろん周りの視線の変化にも気付かず、そのままの生活を送るともいわれる。

また召喚者が望むなら教養を伝授することが出来る。心身ともに召喚者を威厳のあるものにすることも出来るわけだ。ただし、変化は意識されることはないのである。

一方でオセは召喚者に、己が偉大なもの、冠を被った法王か王であるかの様に錯覚させてしまう。この幻惑に耽溺すれば当然、廃人になってしまう可能性もある。実際には驢馬に変身させられていても、変身している当人にはわからないのだ。オセの召喚は危険と表裏一体である。もっとも、どの魔神についてもそう言うことが出来るのであるが。

オセの名前はラテン語の 'os'(「口」「言葉」を意味する)、または 'osor'(「嫌う者」を意味する)に由来すると言われる。が、一方で北欧神話のフレイヤの夫であるオズが原形であると推定されている。このオズはオーディンと同一視されるため、オセはキリスト教等に取り込まれる際にオーディンが堕落した姿と思われる。オセが戦士であること、秘密を知る賢者であり、トリックスター的な一面を持つことも、オーディンのそれであると考えれば理解しやすいであろう。

♦ Description in English ♦