このエントリーをはてなブックマークに追加 Twitter Twitter

アルファポリス
  1. ソロモンの72柱トップ
  2. ソロモンの72柱
72 Spirits of Solomon The King

56-Gomory

月は無慈悲な夜の女王 - Gomory, La Belle Dame Sans Merci

ゴモリー - Gomory, Gremory グレモリーとも。ソロモンの72柱の魔神の1柱で、地獄の公爵である。26の悪霊軍団を支配する。多くの魔術書に明快に女性であることが記されている数少ない魔神であり、かつては*月の女神であったと言われる。過去と未来の知識を持ち、忠実、寛大、正直、涙、悲嘆を司る。

召喚者の前に公爵冠を腰に結わえ、ラクダに乗った姿で現れる。そのため彼女の名前はギメル - Gemel、すなわち駱駝を意味する単語からとられている。古来駱駝は砂漠の長旅に欠かせない存在であり、輸送、移動、旅行、交流に関連する。 カバラの生命の樹において、ギメルのパスはケテル(王冠-始まり)とティファレト(調和-美)を結ぶ。この呼び名を与えられたゴモリも、能力的には繋ぐことが重要視されているようである。すなわち、女性の魔術、愛の職能がこの魔神の得意とするものである。また求められると、隠された財宝の在り処を示すという。

ゴモリが乗っているラクダに関して言えば、同じ72柱の魔神であるウヴァルである。またかつては72柱の魔神の1柱であるマルコシアスに自ら乳を与えて育てたともいい、これを騎獣としていたともいう。


*月の女神であったとする説は「西洋魔物辞典」に記述があったものだが、月の女神としてしられているのはむしろアシタロテである。ただし、ゴモリーは愛に関する職能を得意としており、女性原理を表すがごときの魔神であり、月は女性イメージとの関連性が強い。夜のデカンに振り分けられる存在であることを考えに入れても、月の女神というイメージは、イメージとしてさほど間違っていないのではと思われる。



♦ Description in English ♦