1. ソロモンの72柱トップ
  2. ソロモンの72柱
72 Spirits of Solomon The King
32-Asmodeus

恋する悪魔 - Asmodeus, Le Diable amoureux

アスモデウス - Asmodeus, Asmodai, Ashmedai, アスモダイとも。ソロモン72柱の1柱にして、地獄の偉大なる王であり、魔王の副官である。かつては智天使であったとされる。織天使であったとされる場合もある。達成、利己性、美と自信を司る。七つの大罪においては色欲を担当する。一説によれば女悪魔である*ナーマー Naamah の息子であるという。72の悪霊軍団を従える。召喚されると、牛、人、羊の頭と、ガチョウのように水かきのある足を持ち、手には軍旗と槍、口から火を噴きつつ、竜に跨って現れる。召喚したものが丁重に望めば、幾何学や天文学を教える。またさまざまな効能を持つ指輪を与え、人を負け知らずにする事も出来る。財宝の在り処を教え、それを守護することも出来る。

ペルシア・ゾロアスター教の魔神・アエシュマ・デーヴァがギリシア語やヘブライ語に取りこまれる際にアシュモダイ Ashmedai となり、やがてラテン語読みでアスモデウスとされた、ということがいくつかの文献に書かれている。アエシュマ・デーヴァがどういう存在かはいまいちはっきりしない。トビト記にアスモデウスに関する記述が見られる。

トビト記において、アスモデウスはサラと言う美しい娘に横恋慕している。アスモデウスはサラの7度の結婚において、初夜のうちに夫を絞め殺したため、サラは悪魔憑きと呼ばれるようになってしまった。ある時トビアとアザリアと言う二人の若者が街を訪れ、トビアがサラを娶ることになった。アザリアはトビアに魚の肝臓を使って香炉を炊くように助言し、その通りにするとアスモデウスは追い払われたと言う。アザリアは実は大天使ラファエルであり、その後アスモデウスをエジプトのどこかに幽閉したと伝えられる。またアスモデウスはサラ自身に手をつけていなかったとされているが、それは彼の小心ゆえであるという。

またトビト記以外にも、**ソロモン王の后達に欲望を向けたこと、リリスを妻に娶ったという記述もある。ギリシア神話のサチェルヌス(牧神)のような奔放で好色なイメージだったのだろう。その見解はそのままキリスト教においても引き継がれ、色欲の悪魔とされたのである。

しばしば教会の伝統では、守護悪魔として水盆を支える姿で像が制作される。その際には、青い法衣に金色のベルトを締め、角を生やした姿で、苦しみと憤怒にまみれた恐ろしい顔であることが多い。青い法衣にはエジプトの影響が感じられる。

詳しくは七つの大罪 : 色欲・アスモデウスの項目も参照されたし。

:

*ナーマー - Naamah, ナーマーは旧約聖書『創世記』に登場するトバルカイン Tubalcain の妹である。ユダヤの伝統では、女悪魔としてリリスとともに多くの悪魔の母とされる。売春行為に耽溺したといわれ、多くの天使を堕落させた。トバルカインは彼女の兄にして夫であり、悪魔アスモデウスの父とされる。

**ソロモン王とアスモデウス Solomon and Asmodeus - 「ソロモンの契約」をはじめとしてユダヤの伝承に、ソロモン王とアスモデウスに関するものが多く伝えられている。特に有名なのは、やはりソロモン王に呼び出され、神殿の建立に力を貸したとされるものだろう。

また、いまひとつの伝承に、アスモデウスが一時、ソロモン王と入れ替わってしまったというものがある。その伝承の伝えるところはこうである。ソロモン王がアスモデウスの「悪魔の公子としての力とはどれほどのものか」を尋ねた。アスモデウスは王に、魔法の指輪を手放せば力をみせようといったので、王はいわれるまま、指輪を紅海に投げ捨ててしまった。アスモデウスは解き放たれるや、むんずとばかりにソロモン王を捕え、あげく、エルサレムから投げ出してしまったとか。その後、本物のソロモン王は、苦労してエルサレムに戻り、他の魔神達を使って自らを守らせることにしたそうである。また、アスモデウスは、ソロモン王が戻ってくるまでの暫しの間ではあるが、王として姿を偽り、代わりにエルサレムを治めたという。一説ではソロモン王自身ではなく、王の親友に化けたともされる。

ソロモン王はこの追放から戻る際に、ナーマーというセム族の王女と出会い、恋に落ちた。ソロモン王はナーマーを数多い妃のひとりに取り立てたが、彼女のために多くの異教の神を拝み、バール神殿を建立し、モロクへの生贄まで捧げるようになった為、王国の没落を招いた、と、このユダヤの伝承では締めている。





♦ Description in English ♦

Asmodeus - Also called Asmodai, Asmoday, Known as a Great King of Hell. Governs 72 legions of spirits. Appears in the forms of a powerful man with three heads; the first is like a bull, the second like a man, and the third like a ram. Under the conjurer's request, Asmodeus can find and protect treasures. Asmodeus is known as the demon of lust and is therefore responsible for twisting people's sexual desires.

QR code

TWEET SHARE B! HATENA GOOGLE+ P PIXIV B BOOTH


火星交換士Indexへ